第16回公演『銀の国 金の歌』パンフレット

SHOP限定 20%OFF!! 通常価格 1,500円(税込)
1,200円(税込)

クロジ第16回公演『銀の国 金の歌』パンフレットです。

[仕様]
A4サイズ/オールカラー32P
キャスト写真、キャストコメントに加え、流宮の世界を彩る衣装・メイク・美術・音楽の解説も収録!


◆◆◆

クロジ第16回公演『銀の国 金の歌』

2017年10月4日-9日
六本木俳優座劇場

[作]森悠
[演出]三浦佑介

[出演]
沖野晃司 斉藤範子 松崎亜希子 江口拓也 末原拓馬 狩野和馬 福圓美里 
木村はるか 大睛紺賚此〆西哲也 中泰雅 加藤将之 山口太郎 三原一太
中山孟 小澤雄喜 赤沢佑太 山口拓巳 小玉雄大 丸山和志 山口拳生 堀川真央 伊藤凜音


[あらすじ]
北の最果てにある国、流宮。
そこは都から忘れられた土地。帝から捨てられた女たちの墓場。

帝の妹、流宮を統べる女帝・スグリ。
帝の寵愛絶えた盲目の巫女・凪。
帝の影に支配されつつも、人々は流宮を盛りたて平和に暮らしていた。

そんなある日、鍛冶商人に連れられ一人の少年がやってくる。捨て子として育った獣の様な少年に「ギン」と名付け、自分が母親であると名乗り出たのは、村の鼻つまみ者の凪であった。

ギンは、戸惑いながらも凪の強引さに引きずられ、家族として共に暮らすようになる。
初めての家、初めての家族、初めての母親。
少しずつ何かを取り戻すように経験していくギン。

愛情、信頼、肉欲、憧れ、執着……
ギンを中心に流宮の運命も大きく動き始める。

少年から青年へ、獣から王へと変わっていく彼の目には何が写ったのだろうか。

クロジが描く、母親と息子、家族の物語。
  • 1,200円(内税)

型番 PAM-16
定価 1,500円(内税)